【地域別】北海道の観光牧場18選!車でのアクセスやご当地グルメも紹介

  • 2023年6月14日
  • 2023年6月23日
  • 農業
  • 127回

酪農王国、北海道。広大な土地を活用した大規模な牧場が多く、毎年多くの観光客が牧場を訪れています。さまざまな動物と触れ合ったり、牧場グルメを堪能したり、観光牧場は子どもから大人まで楽しめる憩いの場です。

この記事では、北海道で人気の観光牧場の特徴やアクセス、グルメについて紹介します。「北海道旅行の思い出を作りたい」「見どころ満載の観光牧場が知りたい」という人は、ぜひ最後までご覧ください。

道南の観光牧場

  • 山川牧場(七飯町)
  • 城岱牧場(七飯町)
  • 函館牛乳あいす118(函館市)
  • 函館どさんこファーム(函館市)

道内屈指の観光地である函館市を中心に、さまざまな魅力が満載の道南地方。道南地方でおすすめの観光牧場を4つ紹介します。

山川牧場(七飯町)

山川牧場

住所 北海道亀田郡七飯町大沼町628番地
アクセス JR大沼駅から車で2分
公式HP ≫山川牧場

JR大沼駅から徒歩9分に位置する山川牧場。明治後期の創業以来、おいしくて安全で栄養のある牛乳にこだわり続けている牧場です。

ご当地牛乳グランプリ金賞の「山川牧場特濃牛乳」、ご当地ヨーグルトグランプリ金賞(ドリンク部門)の「山川牧場のむヨーグルト」など、数々の受賞歴を持つ乳製品は絶品です。キャンプ場が有名な大沼国定公園も近くにあるので、牧場で買ったお肉やチーズを持参してキャンプを楽しむのも最高の思い出になりますよ。

城岱牧場(七飯町)

城岱牧場

住所 北海道亀田郡七飯町上藤城564
アクセス JR七飯駅から車で17分
公式HP ≫城岱牧場

標高550メートルに位置する城岱牧場は、見晴らしの良い景色が人気の観光牧場です。牧場管理事務所に設置された屋内展望スペースからは、駒ヶ岳・函館山・大野平野を一望できます。

夜になると「七つ星夜景」の愛称で知られる、満点の星空を楽しめるのも城岱牧場の魅力です。澄んだ空気と美しい星空は、日頃の疲れを癒してくれるでしょう。

函館牛乳あいす118(函館市)

函館牛乳あいす118

住所 北海道函館市中野町118-17
アクセス JR函館駅から車で20分
公式HP ≫あいす118

函館牛乳の工場敷地内にある「あいす118」は、搾りたての牛乳を使用したソフトクリームやチーズなどを販売しているお店です。新鮮な牛乳と卵を使った濃厚なソフトクリームは、牧場ならではの特別な味わい。

子牛にミルクを飲ませたり、バターを作ったり、体験コーナーが充実しているのも魅力的です。普段はなかなか見られない「牛乳工場の見学」もできるので、旅行で訪れた際は参加してみてくださいね。

函館どさんこファーム(函館市)

函館どさんこファーム

住所 北海道函館市東山町180-14
アクセス JR函館駅から車で27分
公式HP ≫函館どさんこファーム

函館で乗馬体験をしたいときは、函館どさんこファームを訪れてみてはいかがでしょうか。ベテランインストラクターの丁寧なサポートのもと、初心者から上級者まで安心して楽しめる乗馬クラブです。

函館どさんこファームは、国内でも有数の流鏑馬(やぶさめ)レッスンを受けられる施設としても有名です。馬に乗って森の中を駆け巡る「どさんこトレッキング」も人気なので、スリリングな乗馬体験をしてみたい人は挑戦してみると良いですよ。

道央の観光牧場

  • 北海道箱根牧場(千歳市)
  • のぼりべつクマ牧場(登別市)
  • ノーザンホースパーク(苫小牧市)
  • えこりん村銀河庭園&みどりの牧場(恵庭市)
  • ハイジ牧場(長沼町)
  • おひさま牧場(日高町)

北海道の中心都市である札幌市をはじめとして、数々の人気スポットが集中する道央地方。道央でおすすめの観光牧場を6か所紹介します。

北海道箱根牧場(千歳市)

北海道箱根牧場

住所 北海道千歳市東丘1201
アクセス JR川端駅から車で6分
公式HP ≫北海道箱根牧場

新千歳空港から車で約40分に位置する北海道箱根牧場は、1年を通してさまざまな体験ができることで有名な観光牧場です。乳搾り体験や乗牛体験、チーズ・キャラメル・ソーセージの手作り体験など、子どもから大人まで楽しめる体験コースが満載です。

12月から3月にかけては、スノーモービルやバナナボートといった冬のアクティビティを楽しめるのも嬉しいポイント。恋人や友だちと訪れるのも良い思い出になりますよ。

のぼりべつクマ牧場(登別市)

のぼりべつクマ牧場

住所 北海道登別市登別温泉町224
アクセス JR登別駅から車で10分
公式HP ≫のぼりべつクマ牧場

のぼりべつクマ牧場は、迫力満点のヒグマを間近で観察できる観光牧場です。登別温泉からロープウェイで行くことができるため、温泉施設へ宿泊に来た観光客で賑わっています。

第1牧場に設置された「ヒトのオリ」では、クマに囲まれて獲物になったかのようなスリルを味わえます。エサやり体験やアヒルの競走などユーモアあふれる体験もできるので、登別温泉に行く際はクマ牧場にも立ち寄ってみてくださいね。

ノーザンホースパーク(苫小牧市)

ノーザンホースパーク

住所 北海道苫小牧市美沢114-7
アクセス 新千歳空港から車で19分
公式HP ≫ノーザンホースパーク

国内最大級の馬のテーマパーク「ノーザンホースパーク」は、馬好きな人にとってはたまらない施設といえるでしょう。広いパーク内で乗馬体験をしたり、競走馬として活躍していた馬を間近で観察したり、まさに「馬だらけ」の観光牧場です。

パーク内には、ガーデンレストラン・バーベキューレストラン・カフェテラスなど、飲食できる施設も充実しています。1日中楽しめる観光牧場なので、家族や友だち、恋人と一緒に訪れてみてくださいね。

えこりん村銀河庭園&みどりの牧場(恵庭市)

銀河庭園

住所 北海道恵庭市牧場
アクセス JR恵庭駅から車で12分
公式HP ≫えこりん村

恵庭市にある「えこりん村」は、2006年に開業されたエコロジーテーマガーデンです。環境負荷の低減や持続可能な社会を目指して展開されており、近年注目を集めている観光牧場の1つです。

10ヘクタールの広さを誇る「銀河庭園」では、プロのガーデンデザイナーにより設計された美しい景観を楽しめます。四季折々の花々や独特なデザインの建造物など、インスタ映えスポットがたくさんあるのも大きな魅力といえるでしょう。

ハイジ牧場(長沼町)

ハイジ牧場

住所 北海道夕張郡長沼町東9線南2
アクセス JR古山駅から車で12分
公式HP ≫ハイジ牧場

ハイジ牧場は、雄大な自然のなかでさまざまな動物たちと触れ合える観光牧場です。動物の種類でいうと、道内の観光牧場のなかでもトップクラスの数になります。

【ハイジ牧場の動物たち】

  • 山羊
  • うさぎ
  • モルモット
  • ミニブタ
  • ラマ
  • アルパカ

動物たちを眺めながら牧場内を1周できる「アルプス号」も人気です。北海道の大自然を感じながらのんびりと過ごしたい人は、ぜひ足を運んでみてください。

おひさま牧場(日高町)

おひさま牧場

住所 北海道沙流郡日高町平賀464-1
アクセス JR鵡川駅から車で17分
公式HP ≫おひさま牧場

可愛らしいミニチュアホースたちと自由に触れ合える「おひさま牧場」。にんじんをあげたりブラッシングしてあげたり、ミニチュアサイズの馬たちと思う存分触れ合うことができます。

牧場にいる馬たちは穏やかな性格の子が多く、のんびりとした空気感が漂っています。横になってぐっすりとお昼寝している馬もいるので、びっくりさせないように注意しながら触れ合ってみてくださいね。

道東の観光牧場

  • カントリーファーマーズ藤田牧場(鹿追町)
  • ナイタイ高原牧場(上士幌町)
  • 十勝アルプス牧場(清水町)
  • 渡辺体験牧場(弟子屈町)

豊かな自然と美しい絶景を堪能できる道東地方。道東でおすすめの観光牧場を4つ紹介します。

カントリーファーマーズ藤田牧場(鹿追町)

カントリーファーマーズ藤田牧場

住所 北海道河東郡鹿追町瓜幕西28-26-5
アクセス ライディングパーク(道の駅うりまく)から車で3分
公式HP ≫藤田牧場

カントリーファーマーズ藤田牧場は、酪農教育ファーム推進委員会から認定を受けた酪農教育ファームです。子どもたちへの酪農教育をはじめとして、食・仕事・いのちに関する学びの支援活動をしています。

牧場内にはカントリーコテージが併設されており、家族や友だち、恋人と宿泊することもできます。バーベキューコンロのレンタルもできるので、晴れた日には外でバーベキューを楽しむのもおすすめですよ。

ナイタイ高原牧場(上士幌町)

ナイタイ高原牧場

住所 北海道河東郡上士幌町上音更
アクセス 道の駅「かみしほろ」から車で44分
公式HP ≫ナイタイ高原牧場

東京ドーム358個分という広大な土地面積を誇る「ナイタイ高原牧場」は、日本一広い公共牧場として有名です。地平線まで続く美しい緑の景色は、疲れた心を癒してくれるでしょう。

牧場の最上部にある展望台「ナイタイテラス」からは、どこまでも広がる雄大な景色を一望できます。3日間限定のイベント「ナイタイナイト(※)」では、息をのむ美しさの星空を見ることができますよ。
(※開催日:7月17日、7月19日、7月21日。要予約)

十勝アルプス牧場(清水町)

十勝アルプス牧場

住所 北海道上川郡清水町清水 第6線31番地
アクセス 十勝清水駅から車で6分
公式HP ≫十勝アルプス牧場

放牧認定牧場に指定された「十勝アルプス牧場」では、放牧中の牛の生態を解説付きで見てまわる牧場ツアーが人気です。性格の穏やかなブラウンスイス種が多く飼育されているこの牧場には、リラックスムードが漂っており、まったりとしたひとときを過ごせるでしょう。

ブラウンスイス生乳を使用した上質なアイスクリームはお土産にもおすすめです。濃厚なコクがありつつも、さっぱりとした後味の絶品アイスをご賞味あれ。

渡辺体験牧場(弟子屈町)

渡辺体験牧場

住所 北海道川上郡弟子屈町弟子屈原野646-4
アクセス 道の駅「摩周温泉」から車で6分
公式HP ≫渡辺体験牧場

渡辺体験牧場は、北海道の東に位置する体験型の観光牧場です。酪農家のリアルを体験できるメニューが用意されており、酪農の楽しさを肌で感じることができます。個人用から団体用まで豊富な体験コースがあるので、旅のスケジュールに合わせて気になるものを選びましょう。

お昼ごはんには、ボリューム満点のジンギスカンランチが人気です。北海道名物のジンギスカンをお腹いっぱい食べて、広大な牧場で思いっきり遊びましょう。

道北の観光牧場

  • ファームズ千代田ふれあい牧場(美瑛町)
  • 幌延町トナカイ観光牧場(幌延町)
  • あさひかわ乗馬クラブ(旭川市)
  • VIVAアルパカ牧場(剣淵町)

雄大な山々が入り組み、ありのままの大自然を体験できる道北地方。道北地方でおすすめの観光牧場を4か所紹介します。

ファームズ千代田ふれあい牧場(美瑛町)

ファームズ千代田ふれあい牧場

住所 北海道上川郡美瑛町春日台4221
アクセス JR美馬牛駅から車で14分
公式HP ≫ファームズ千代田

ファームズ千代田ふれあい牧場では、可愛らしいポニーをはじめ、牛、うさぎなどさまざまな動物たちと触れ合えます。エサやり・乳搾りなどの体験プログラムや、食品加工・クラフトなどの手作り体験など、楽しみ方は人それぞれです。

ファームレストラン千代田では、びえい和牛の希少部位を使ったステーキ、搾りたてのジャージー牛乳を使ったクラムチャウダーなど、地元ならではの絶品グルメを堪能できます。自然の恵みをふんだんに使った北海道グルメを、大自然のなかで味わってみてくださいね。

幌延町トナカイ観光牧場(幌延町)

幌延町トナカイ観光牧場

住所 北海道天塩郡幌延町北進398-1
アクセス JR幌延駅から車で6分
公式HP ≫トナカイ観光牧場

幌延町トナカイ観光牧場では、約65頭のトナカイたちを見ることができます。サンタクロースのそりを引くことで有名なトナカイを見れば、子どもたちも大はしゃぎすること間違いなし。

冬にはそりに乗ってトナカイに引かれるというイベントも行われているので、サンタクロースになった気分を味わえますよ。トナカイのツノを加工したアクセサリーは幸運を呼ぶといわれており、お土産に買って帰る人も少なくありません。

あさひかわ乗馬クラブ(旭川市)

あさひかわ乗馬クラブ

住所 北海道旭川市花咲町5丁目4040-14
アクセス JR新旭川駅から車で4分
公式HP ≫あさひかわ乗馬クラブ

旭川市の花咲スポーツ公園内にある「あさひかわ乗馬クラブ」では、広い敷地内で動物たちと触れ合える憩いの場です。入会して乗馬の練習ができるのはもちろんのこと、日帰りで乗馬や引き馬体験をすることもできます。

馬の他にも、ポニー・うさぎ・アルパカ・山羊など多くの動物たちと気軽に触れ合えるため、休日には多くの子どもたちで賑わっています。専門スタッフがサポートしてくれるので、初心者でも安心して乗馬を楽しむことができますよ。

ビバアルパカ牧場(剣淵町)

ビバアルパカ牧場

住所 北海道上川郡剣淵町東町3733
アクセス JR剣淵駅から車で5分
公式HP ≫ビバアルパカ牧場

ビバアルパカ牧場は、可愛らしいアルパカたちと触れ合える観光牧場です。人懐っこいアルパカたちに囲まれて、癒しのひとときを過ごすことができますよ。

毎年6月頃には夏に備えてアルパカたちの毛刈りが行われます。まるで別の生き物になるかのような衝撃ビフォーアフターを生で見ようと、多くの観光客が訪れるイベントです。

まとめ:北海道の観光牧場を満喫しよう

雄大な自然が広がる北海道には、観光牧場がたくさんあります。個性豊かな牧場も多いので、見比べながら旅をするのも素敵な思い出になりそうですね。北海道の大自然を満喫しながら、マイペースな動物たちに癒されてみてください。